【大炎上】ユーキャンが「日本死ね」を流行語大賞に選んだ結果…批判殺到する事態に・・・












「保育園落ちた日本死ね」と記されていたブログを通じて次々と浮き彫りになって行った保育園不足問題。

ユーキャンが2016年の流行語大賞に「保育園落ちた日本死ね」という言葉を選んだことが、今とても話題となっているのです。
流行語大賞として、受賞者なしならともかく、民進党の山尾志桜里議員が嬉しそうに賞を受け取っていたことにも批判が殺到しています。
まるで日本の評判を落とすために行われているネガティブキャンペーンをしているような印象すら受け取れるのです。
これに加担したユーキャンが炎上することは間違いないでしょう。
一体流行語大賞の選考はどうなっているのでしょうか?
詳細は次のページでご紹介します。