引き取り手が現れず、ものすごく悲しげな顔をしていた子猫ちゃん→この子の人生どうなるの・・・??







悲しげな野良猫のベンベン

kone2
保健所の中で悲しそうな表情で里親を待っていたネコの「ベンベン」。
野良猫だったベンベンはシェルターへやってくる前に、大きな動物に襲われたため、体はいくつもの怪我や、ダメになってしまった箇所がたくさんありました。
ベンベンはとても苦しい生活を送っていたことは一目で分かりました。

彼自身も死期が近いことを悟っていたのでしょうか。
常に悲しみの表情をしていたそうです。

安楽死寸前

kone5
そんなベンベンを地元の保護施設が引き取り、里親を探してくれることになりましたが、獣医に見てもらったベンベンでしたが、これから先歩くこともできず、痛みと戦い続けるだろうと診断されました。そしてその後も里親探しは続きましたが、見つからず。
とうとう彼は保健所へと戻されてしまうことに。
いつの日かご飯を食べなくなり、やがて何もしなくなってしまいました。

その姿を見た保健所は「安楽死させてあげよう」と苦渋の決断を下しました。

衝撃の続きは次ページからどうぞ!!