【深すぎる娘への愛】死の直前まで書き溜めた17年分の手紙→その内容に世界中が涙した。。。







 

1歳半の娘と妻を残してこの世を去ったミッチェルさん

子どもに対する親の深い愛を物語る、ひとつの実話があります。アメリカ・テキサス州出身のミッチェル・ウィゼンハントさん(当時26)は、難病のマルファン症候群を患い、27回目の誕生日を目前にこの世を去ってしまいました。ミッチェルさんと妻のアシュリーさんとの間には1歳半の娘がいました。

teg2

ミッチェルさんの死後、アシュリーさんは夫の残した30通余りの手紙を見つけました。手紙の多くが、まだ字を読むことができない愛娘に宛てた手紙です。ミッチェルさんが幼い娘に宛てた感涙の手紙とは・・・次ページをご覧ください。