【必見】妻を交通事故で亡くした夫。その加害者への対応が、なんと……!!※動画あり







交通事故というものは、誰も起こしたくて起こしているものではないと思います。
だから被害者だけではなく、加害者までをも不幸にするのでしょう。

今回は、ある交通事故被害者のお話をご紹介します。
彼は、居眠り運転のトラックによって、第二子をお腹に宿した妻を亡くしたそうです。

彼はトラックの運転手を憎もうとします。
けれども、運転手にも事情があったというのです。

それを知ってしまった彼は決断します。それは……。

車社会で生きていく上で、交通事故の危険というのは常に身近にあります。
もし自分が被害者になったら。あるいは加害者になってしまったら。

その時、どのように振る舞えるのでしょう。
このお話は、悩み苦しむ被害者と加害者に、一つの道を示すものなのかも知れません。

彼の決断については、次ページで。