【無性の愛】口の骨が折れてしまっていても、痛みに耐えながら必死にご飯を食べようとする理由とは?(画像あり)












虐待を受けていた猫

1-13

アメリカのオハイオ州にある動物保護団体「SCOOP」に1匹の猫が保護されました。その猫は、飼い主から虐待を受けていたようで口の骨が折れていて、アゴもぶら下がっている状態でした。

この猫に「スウィーティー」という名前がつけられました。

スウィーティーは、口の骨が折れているのでまともにご飯が食べられませんので、10日ほど何も食べられませんでした。

2-12

ご飯も食べられなくて衰弱している姿を見た保護団体のスタッフは、スウィーティーの口の手術を行うことにしました。

彼女の小さなアゴに、35針縫って無事に手術が終わりました。

当分の間、強い痛みがあるのでご飯を食べることができないのですが、

スウィーティーは痛みに耐えながらもご飯を食べようとしました。

それにはある理由があったのです。

気になるその理由は次のページからご覧ください!!