【感動必至】病と向き合い世界中を旅するわんちゃん。車椅子のおかげで世界が広がった!!







病気や怪我で身体に不自由が生じると、今までとはまったく違った生活と向き合うことになると思います。それは人間や動物ともに、とても大変なこと。

今からご紹介するのは、神経系の病気により身体にマヒが残ってしまったわんちゃんです。ピットブルのメルはあるシェルターで保護されていたところ、現在の飼い主トム・ディフワールさんと出会い引き取られます。その後メルの病気が発覚することになるのですが…

病気に負けず、懸命に向き合い前向きに進むメルとトムさんの姿に尊敬します。そんな画像は次のページから!(思わず応援してしまう、画像あり)