【感動】喪章を探すタイ人への日本人店員の対応が、タイのメディアで絶賛!












2016年10月13日、日本でも大々的に報じられたタイ王国・ラーマ9世(プミポン・アドゥンラヤデート国王)の崩御。

タイ人パイロットのパット・パナチェットさんは、会社から「喪章をつけて搭乗せよ」との指示を受け、喪章を手に入れるため、あるお店に入りました。

そのお店の店員さんの対応にパットさんは感動。ネットでも続々と絶賛の声が寄せられました。

さらにこのエピソードは、タイのメディアでも次々と取り上げられ、感動を呼んでいます。

心温まるエピソードの詳細は、次のページをご覧ください。