スポンサードリンク



【犯人】慶応広告学研究会の不祥事→加害者の名前は「宋」で確定か!?※画像あり


慶応広告学研究会の不祥事が世間を騒がせていますね。

そんな中、ずっと謎に包まれていた加害者の名前が「宋」だという噂が・・・

今回は画像を混じえながら犯人の真相について詳しく紹介していきたいと思います!!

慶応広告学研究会の不祥事

kou3

詳しい内容は以下の通り。

ミスコン中止の真相は、単なる未成年飲酒などではなく、重大犯罪につながりかねない不祥事だったのだ。慶応の広告学研究会は、毎年夏に葉山のビーチに海の家を出店している。その打ち上げと称した飲み会で、18歳の一年生の女子学生が酔いつぶれてしまった。

その女子学生に対し、複数人で襲いかかったという。しかもその様子を撮影までしていたようだ。女子学生の尊厳を踏みにじる、許されざる行為だ。この事実について、加害者グループの一人とされる学生に突撃取材がなされているが、概ね事実を認めるようなコメントを発していたようだ。

女子学生側は、警察に被害届を提出したようだ。加害者の男子学生たちの年齢は分からないが、成人であれば実名報道される可能性も高い。

また、大学側はこの件に関しては、まだ認めていないようだ。大学としての今後の対応も注目される。

参考URL・・・http://workers-magazine.com

本当、慶応の生徒がこんなにレベルが低いとは。

確実にイメージダウンにつながったでしょうね。

犯人の名前は「宋」

kou2

一通のLINE内容が流出し事態は急展開を・・・

その内容というのがコチラ↓↓

慶応義塾大学の「広告学研究会」というサークルによる「女子大生集団強姦事件」がここにきて注目を集めています。フジテレビの報道番組「Mr.サンデー」によると、今回の集団強姦事件に引き起こしたサークルの代表者の名前は「宋」」というんだそうです。そうですか!

「宋」という苗字 は中国人名の中にもありますし、朝鮮人名の中にもあります。読み方はどちらも「ソン(Sòng/」のようです。現時点では「広告学研究会」の代表者は中国系か朝鮮系かはわかりませんが、「日本人ではない」可能性が高いですね。

参考URL・・・http://ameblo.jp

これからどんどんと明るみになっていきそうですね。

今後のさらなる事件の真相に期待です!!

【幻の最終回】「22年後のクレヨンしんちゃん」→その内容がどう我慢しても泣かずにはいられない。。。

【ドラえもん】ボツになったもう一つのラスト→10年以上経ち、ジャイ子を殺害して死刑になったのび太!ドラえもんのいない世界でしずかちゃんは…【涙腺崩壊】

【衝撃の結末】帰宅すると、風呂場に彼女と浮気相手がいたので閉じ込めた→俺「楽しんでるとこ悪いんだけどそこで待ってて。」 A子「何でいるの?誤解だから開けて。」

【新事実発覚】サザエさんの作者が死ぬまで明かさなかった衝撃設定!カツオとワカメは磯野家の子供ではなかった!?ボツになったヤバすぎる最終回がこちら・・・

【幻のラスト】『あれから8年後の千と千尋の神隠し』千尋とカオナシが再会し、とある神社で千尋のことを知るお坊さんと出会い・・・【涙腺注意】


---------スポンサードリンク---------





この記事が気に入ったら
友達追加してね!

友だち追加数



Facebookからは@netaで検索してね♪


↓コメントを残してね♪↓

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

関連記事

  1. 【画期的】施設の老犬がトリミングで大変身!!→結果、保護犬たちの…
  2. 能年玲奈が改名!!さらに洗脳?発達障害の噂もある中、個人事務所を…
  3. 【発動!】片山さつき議員が動き出す! 「NHKの貧困女子高生報道…
  4. 【驚愕事実】都知事選に立候補している鳥越俊太郎は認知症だった!?…
  5. 【驚愕】イケメン新人スタッフは成宮寛貴の友人A氏!?三重県のバー…
  6. 【驚愕】「虫が集まりやすいコンビニと集まりにくいコンビニ」を調べ…
  7. 【世界が注目】卵の殻を割った状態でひよこを孵化させた生浜高校生物…
  8. 【懐かし】あの人気バラエティ番組「あいのり」のメンバーを振り返る…

注目最新記事

【予言】桜塚やっくんのブログ、閉鎖されずに未だにコメントが…その理由とは??

「がっかりだよ!」で大ブレイクした桜塚やっくん。 セーラー服と竹刀の「スケバン恐子」姿が印象に残…

【日本の文化】厚切りジェイソンが語る…外国人タレントならではの悩みとは!?

「Why Japanese people?」のフレーズですっかり芸人として人気者になった厚切りジェイ…

【これが現実…】中国の環境汚染がヒドすぎる!!→実際の様子をご覧ください・・・※画像多数あり

中国・北京の大気汚染、PM2.5については日本のニュースでもたびたび取り上げられますよね。 でも…

スポンサードリンク

いいね!ランキング

Facebook

おすすめ記事

  1. 【必見】アルミホイルの反射板で無線LANの繋がりが劇的に改善される!【衝撃豆知識】
  2. 【画像】図形の中に隠された文字を見抜けるか?1%の人類しか見れない世界・・・!【難問注意】
  3. 【九死に一生】生死が関わる告知ツイート「釣ったカワハギを食べます!」→すごい結果に・・・
  4. 【衝撃】コンビニのバイトをやってたらヤンキー女に告られた。数日後、清楚女に告られた→しかし、その二人は・・・
  5. 【緊急拡散】『ぬいぐるみを移植する』この真意を知ってほしい人が日本に1万4,000人いる…!【動画あり】
PAGE TOP