【号泣】ボケが進行していたおばあちゃんが、「外に出るな」と言われてたのに出た理由に涙が止まらなかった。。。












これはある1組の老夫婦の話。

そこのおばあちゃんは認知症で、

おじいちゃん無しでは生活できない状態だった。

いつも、おじいちゃんが忘れないようにと紙に書いて、

日常生活を送っていた。

ある日、おじいちゃんが大事な用があって、

家を空けなければいけない日があった。

おじいちゃんは、

「外には絶対出ちゃダメ」と紙に書いて、出かけた。

しかしおばあちゃんは、

その約束を守ることができなかった。

続く