【不徳の致すところ】中村橋之助が不倫騒動!!!→相手は誰???三田寛子にも直撃インタビュー!!(画像あり)







週間文春が不倫のスクープを発表しました!歌舞伎界の大物、中村橋之助さんです。今年で三田寛子さんと結婚25年を迎え、10月には「中村芝翫」の八代目を襲名することになっていた矢先の出来事に関係者は驚きを隠せないといいます。

気になる不倫相手は人気芸妓「市さよ」。三田寛子さんと、市さよも知り合いということと最悪なタイミングでの今回の報道に驚きを隠せませんね。

一体騒動の真相はどうなっているのでしょうか。

今回は、不倫の詳細と直撃インタビューについてフォーカスしていきたいと思います。

中村橋之助の不倫騒動

2072390_201605280400588001464440839c-horz

中村橋之助さんが不倫相手の市さよと出会ったのはなんと15年以上も前のことでした。

当時から二人は仲が良く、市さよは中村さんに対して尊敬と同時に憧れや恋心を抱いていたといいます。

数年前からはイタリア料理店で二人が食事をしている様子も目撃されていたとのことでした。

100214_2211~01

二人が禁断の恋に溺れてしまったのは奇しくも25年前に中村さんと三田さんが結婚披露宴を行ったホテルオークラでした。

二人がタクシーでホテルに向かう前には六本木で目撃情報もあったとか…。

更にこの一回の事ではなく、中村さんと市さよは週に2~3回も東京で会っていることが週間文春の記者によって確認されています。

以下に銀座のバーで二人を目撃したという人物の証言を記載します。

他に関係者らしき人物が同席していましたが、まったく意に介することなく、終始二人だけの世界という感じでした。見つめあうようにしながら話をして、和ませるためか、たまに橋之助さんの口から下ネタが飛び出すこともあった。人目もはばからず橋之助さんはその美女(市さよ)を膝の上に乗せていましたよ。(中略)しまいには、橋之助さんが急に『さあ帰って寝よう』なんて連れの人たちに言い出していた。早く二人きりになりたかったのでしょうか」

(引用元:週刊文春 2016年9月22日号)

週刊文春が中村夫妻に直撃インタビュー!

hqdefault

今回の不倫騒動について週刊文春が中村橋之助さんと三田寛子さんに直撃インタビューをを行いました。

三田さんが騒動について怒るんじゃないですか?という質問に対し、中村さんはこう答えています。

怒るというか可哀想ですよ。この数ヶ月、襲名のために寝ずにやって、僕と一緒にやっていますからね。分かってくれると思いますけど、深く誤解を与えたのは申し訳ありませんでした。こっちが逆に頭を下げないといけないということと、襲名が近いのに軽率な行動をしたということも。襲名もどっちのほうに転ぶか心配になってきましたけど…。女房にどうやって伝えればいいのやら…。」

(引用元:週刊文春 2016年9月22日号)

続いて三田さんにも直撃!迷惑をかけたことに対し謝罪をした後に、三田さんはこう話されたそうです。

「決してギャーギャー言わず、ただただ淡々と叱りました。『あなた、今がどんなに大事な時期か分かりますね?』と。名跡の『芝翫』や伝統ある『成駒屋』の名前に傷をつけるような真似をして。私は普段そんなこと言わないから、相当怖かったと思いますよ。主人は『わかります。申し訳ない』と平謝りでした。」

(引用元:週刊文春 2016年9月22日号)

このタイミングでの不倫騒動はダメですよね…。もちろん、不倫自体行うのは倫理に反するのは言うまでもないでしょうが…。

中村橋之助の謝罪会見

maxresdefault

今回の騒動について中村さんは早急に記者会見を開きました。

会見では不倫を認め周りの方々を驚かせてしまったことと迷惑をかけてしまったことについて詫びていました。

過去の過ちは変えられませんので今後の中村さんの行動・態度が非常に重要になってくると思います。

もちろん不倫は悪い事ですが、これを機に反省して、今後も活躍していって欲しいですね。

八代目襲名もどうなるのか気になるところです。

【親子必見】林修先生がやる気のない生徒に「嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢」とバッサリ…その理由の説得力がスゴすぎる!【これいつ見るか?今でしょ】

【Twitter大炎上】「8✖7➕17=73は不正解」→ある小学校の先生が不正解にしたのには驚くべき理由が・・・※画像あり

【必見】寝てると耳元で蚊が『プーン』→その悩みが解消される!!(詳細あり)

【衝撃】ズラ、薄毛だった意外すぎる芸能人10名がコチラ!!!!

【捨てちゃダメ】冷蔵庫によく置いてある”アイツ”。実はとんでもなく使えるやつだったことが発覚!!※裏技※