【涙腺崩壊】少女をかばい、車にひかれて片足を失った俺は彼女に別れを告げたが・・・












俺は高校生の時から付き合っている彼女がいた。

いつも彼女とは下校していたんが、

その日もいつも通り一緒に帰っていた。

帰り道の途中の横断歩道を歩いている少女がいた。

そこにトラックが結構なスピードできているのが見え、

俺はその子をかばうようにしてそのトラックとぶつかった。

その時の記憶は激痛で意識を失ってしまって起きたら病院だった。

そこで俺が片足を失っている現実を理解した。

病室には、彼女がいたので俺は迷惑をかけることになると思ったので、

別れを告げることにした。

続く