【感涙】いかりや長介さんが亡くなってから12年。今、思い返しても加藤茶さんの弔辞は感動的だった。「最後の最後にウソついたよなぁ。。。」












いかりや長介さんが亡くなってから12年。人気コントグループ「ドリフターズ」のリーダーとして活躍していました。

「踊る大走査線」の和久指導官として、俳優としても活動していました。まだその記憶が鮮明に残っていますが、あれから12年以上も経っているのですね。

葬儀には残されたドリフターズのメンバー4人を含め、ファン約1万人が記帳に訪れました。

出棺の際には「オイッス!」「ありがとう長さん!」などの声がかけられ、和久指導員の名前を呼びながら敬礼で見送るひともいたようです。

そんな葬儀で、加藤茶さんが読みあげた弔辞がとても印象的で、今読んでも感動します。
それは、「あんた最後の最後にウソついたよなあ」という言葉で始まります。

弔辞の内容は次のページからご覧ください!