【悲痛な叫び】アルコール依存症の父に虐待されていた8歳の少女がウイスキーメーカーに手紙を送る→悲しい結末が待っていた…(動画あり)







 適量を守って飲めば、美味しく楽しいお酒ですが量が過ぎると人の心と身体を壊していってしまいます。大量に習慣的に飲酒することによって、起こるアルコール依存症。

 自分で心と身体を制御できなくなるとても恐ろしい依存症のひとつです。アルコール依存症で恐ろしいのが、虐待やDV。これによる被害が問題となっています。DVを行う人の特徴として、家の外では『良い人』、『優しい人』と呼ばれる人が多い様です。これは自らの暴力性を隠していたい心理からの様です。

 今回紹介するのはアルコール依存症による虐待を受けていた少女の書いた手紙です。その恐ろしさを物語っています。その手紙は次のページでご覧ください。