【感動】15歳の少年は4人の命を救った。しかし、母親が涙ながらに語った言葉の真意は…【画像あり】







これは今回の主人公ジェイコブ・ジョンソン君の家族写真

少年ジェイコブ君はこう言っていました。

臓器を提供することで誰かを助けられるなら、助けたい

そして、ジェイコブ君は臓器提供者として登録をしました。アメリカは臓器移植の先進国、これはそう珍しいことではありません。
しかし、母ジェイミーさんはその時、彼の言葉の本当の意味を知りませんでした。

15歳の時、ジェイコブ君は家に帰る途中で車に跳ねられ、家に帰ることはありませんでした。
そして、彼の遺志は果たされることになります。肝臓と2つの腎臓、加えて心臓が、4人の患者に移植されました。

息子はヒーローになったの
ジェイミーさんは涙ながらに話します。その真意とは…