【成人注意】毎日一杯のビールを飲み続けた結果→発ガン率が信じられないことに…







 以前から、お酒が身体に悪い、しかもそれがガンの原因になると思われてきたが、何のガンになるかはよく分かっていませんでした。

 今回、とある研究者がお酒ががんの関係を、徹底的に調査・研究しました。その調査・研究によると、飲酒の量に関わらず複数のガンは飲酒することに関連していることが判明したそうです。

お酒が原因となるガンとは何か?

 多くのガンとは、肝臓ガン、口腔および咽喉ガン、咽頭ガン、食道ガン、結腸ガン、直腸ガン、乳ガンの7つであることも判明しています。

 飲酒することだけがこれらのガンの原因になっている訳ではありません。あくまで原因の1つであることは間違いないようです。実際に、この7つのガン、それも飲酒が原因で亡くなった人の割合は、世界で5.8%を占めるといいます。2012年で限定すると世界で50万人もの人が亡くなっているようですよ。

 更に飲酒とガンの関係性を示した驚きの研究結果も出ている様です。次のページでご覧ください!