【放送事故】NHKのお天気お姉さんが生放送中に号泣!父親が真相を語ってくれました!







昨年の12月1日にNHK山形放送局から放送された夕方のニュース番組『やまがた6時』のお天気コーナーでの出来事です。気象予報士の岡田みはるアナウンサーは、「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう」と言いましたが、画面には関係のない新庄市の様子が映し出されました。この予期せぬ映像のミスに岡田アナは、一瞬絶句しましたが彼女は、訂正しレポートを続けるもののなんだか様子がおかしいです。次第に声が震え始め、涙を右手で拭い始めたのです。

この生放送は、岡田アナが号泣した事で当時大きな話題となりました。岡田アナは、この放送の翌日から番組を休養し、その後3月25日の放送の最後に復帰しましたが、この涙の訳は謎に包まれたまま降板してしまったのです。一体、彼女に何が起こったのでしょうか?

彼女の涙の理由をあれから半年経った今、岡田アナのお父さんが語ってくれました。

岡田アナが生放送中に、号泣してしまった理由を次のページで紹介します。