【驚愕】ブーム後に訪れた驚愕の真実!アイスバケツチャレンジのその後をご存知ですか?







アイス・バケツ・チャレンジこの名前をお聞きになったことはありますか?

元々は、運動神経細胞が侵されて、徐々に体が動かせなくなる難病、筋萎縮性側索硬化症(通称ALS)の研究と患者さんを支援する目的で行われたチャレンジになります。

この、アイスバケツチャレンジは、ビル・ゲイツやスティーブン・スピルバーグなどの多くの有名人が参加しました。

テレビでご覧になりませんでしたか?有名人の皆さまが、氷水の入った冷たいバケツを自らかけたり、他の人からいたずらのようにかけられている映像。

ニュースでも大きく取り上げられたので、見たことのある人も多いと思います。

このチャレンジは、2014年に社会現象にまでなりましたが、すぐにブームは去っていき、ほとんど話題にならなくなりましたと、いうより忘れ去られてしまったのかもしれません。

そのせいもあり、このチャレンジのその後の話題は人々にはあまり知られていないのですが、実はこれが大きな成果を残していたことをご存知ですか?では、その成果の方、どうぞ次のページでご覧ください!