【人生羈旅】人生を最後まで楽しむ!!90歳でガンを患ったおばあちゃんは治療を拒否し旅に出る。人生は楽しんだもん勝ち







アメリカのミシンガン州出身の90歳のノーマンさん。昨年7月に夫のレオさん67歳がこの世を去った後、自身も子宮がんの診断を受けました。最愛の夫を亡くした後でわかった病気・・ところが彼女は、そんなガン宣告にも悲しむどころか、治療を拒否し「やりたいことをやる」と彼女は前向きな発言をするのです。
ガンを患ってはいますが、亡くなった旦那さんは23歳年下だったり、治療を拒否して、自身の人生を楽しもうとする何ともファンキーなおばあちゃんです。「人生を謳歌する」とい最後までご覧下さい。