【心臓注意】大塚愛の元カレがMステに現れて共演者失神!異常な怪奇現象に会場が凍りつく・・・【ゾワゾワ不可避】







大塚愛の元カレが観客席に!

sakuranbo

 「プラネタリウム」という大塚愛さんの曲があります。悲しい感じの曲調なのですが、この曲には背筋も凍る都市伝説があります。テレビ朝日で放送されているMステに、大塚さんが出演し「プラネタリウム」という曲を歌ったとき、身の毛もよだつ現象が起きました。

 Mステは歌を歌うミュージシャンをLIVEで観覧することができます。通常のLIVEよりさらに近い距離で観覧することができるのが、このMステの魅力です。

 その魅力のあるLIVEで大塚さんが「プラネタリウム」を歌った時にだけ、今までいなかったはずの観客が一人現れたのです。その観客は、なんと大塚さんの元カレでした。  


元カレの異常行動

 その元カレは青白い顔をし、他の観客とは全く違った負のオーラを醸し出していたのです。動きも薄気味悪い異様な感じでした。通常はアーティストの曲が終わると、観客が拍手をして締めくくられるのがMステでは通例となっています。

 そして「プラネタリウム」の演奏が終わった大塚さんの時も、観客から拍手が起こりました。しかし、会場にいた元カレをふと見ると、奇妙な行動をとっていたのです。元カレは青白い顔をしながらも必死に拍手をしていました。

 拍手をする分には何も問題ないのですが、その行動が異様でした。観客は普通に手のひらを叩いて拍手をするのですが、元カレだけ手の甲を叩いて拍手していたのです。手の甲を合わせる行為は、「手話」でいうところの「早くこっちに来い」という表現です。

 要するに元カレは、「プラネタリウム」を歌い終わった大塚さんに対して「早くこっちに来い」とメッセージを送っていたのです。ただ単に元カレが「早くこっちに来い」とメッセージを送っていたのなら別に怖い話ではないのですが、この元カレはすでに死んでいる人で、もうこの世の人ではなかったのです。