【涙腺崩壊】息子を出産した直後に息を引き取った23歳の母親→最期に赤ちゃんを胸元で寝かせると奇跡が…!【画像あり】







 現在、日本の様々なところで育児に関する問題が生じています。実の子供を傷つけたり、育児施設での問題であったりと心が痛むニュースをよく耳にします。

 「親子の絆は強いもの」この常識が覆されつつある日本社会である記事が今、注目を預けています。アメリカのノースカロライナ州コンコルドに住む、23歳のシェリー・カウレーさんは初めての出産を前にして興奮していました。

munamoto1

 夫のジェレミーさんも、自分の子供を腕に抱く瞬間が待ちきれなかったと言っています。しかし2人が待ち望んでいた出産日に、予期せぬ出来事が起きるのです。

 陣痛が始まった途端シェリーさんの容態は急変し、手術室に運ばれて緊急の帝王切開が行われることになったのです。感動エピソードの続きは次のページにてご紹介致します。