【心の支え】左腕を失った少女と右前足を失った子猫が感じた深い絆に胸が熱くなる







カリフォルニア州に住むスカーレット・ティプトンちゃんは、左腕が肥大化するという特殊な病気にかかり、生後わずか10カ月でその腕を切断せざるを得ませんでした。

手術を受けた後のスカーレットちゃんは元気に育ちましたが、小さいながらも片腕がないという自分の置かれた状況にかなりショックを受け、まわりの子どもと違う自分の姿を目の当たりにして気分が沈むことも多かったのでした。

そんな時に、ニュースで事故にあった子猫のホリーがスカーレットちゃんと同じように右前足を失って保護施設に保護されたということを知った両親が、スカーレットちゃんを連れて保護施設へと向かいました。