【恐怖】旅行から帰ってきた18歳女性は脳が溶けて死亡した→原因は旅行先の川に潜んでいた…!【致死率95%】







 2016年6月19日。アメリカのオハイオ州に住む18歳のローレン・サイツさんが、想像もつかない恐ろしい症状で亡くなりました。6月8日、教会の団体旅行でニースカロライナ州シャーロットの「U,S National Whitewater Oenter」を訪れていました。

 ホワイト・ウォーター・レフティングといわれる急流すべりを楽しみ、11日にはオハイオ州の自宅に戻ったそうです。しかし自宅に帰ったローレンさんに悲劇が訪れます。彼女は突如体調を崩し、意識不明となってしまいました。

 そして昏睡状態になり、10日ほどが経過したある日あっけなくこの世を去ってしまいました。何が起きたというのでしょうか…。なんと彼女の脳の中には、とんでもないものが寄生していたのです。

 今回はそんなローレンさんの脳に寄生した原因と症状についてご紹介します。恐怖の事実に関しましては、次のページにて詳しくお伝えいたします。