【心震える】自分の人生を顧みず、40年間で35人の捨て子を育てあげた無償の愛・・・【画像あり】







 無国籍の子どもは世界中に多く存在しています。そのほとんどが「望んでいない出産」。大人の事情で身勝手に捨てられてしまった子どもたちなのです。

 これは、そんな無国籍の子どもたちに無償の愛を注ぎ続けた女性の世界感動エピソードです。中国の浙江省の金華市に住むロウ・シャオインさんは道に捨てられたゴミを拾い、リサイクルすることで生計をたてていました。

 決して豊かとはいえない環境の中、彼女はゴミの他に拾い続けたものがありました。それが子どもです。なんと彼女は40年もの間、街に捨てられた35人もの子どもを自分の子どもと隔たりなく育て上げたのです。

rousan1

 はじまりは1972年、いつものようにゴミ拾いに出かけたロウさんは、1人の女の子と出会います。場所はゴミ箱の横。それが見ず知らずの子どもを助ける活動をするきっかけとなったのです。続きは次のページをご覧ください。