【涙腺崩壊】運転中、道路で猫が死んでいた→無視して通り過ぎたら涙が出てきた結果…!【画像あり】












 命というものは時に儚いものです。これは失われかけた、かけがえのない小さな命のお話です。 カナダ・ブリディッシュコロンビア州での出来事で、その日は豪雨でした。

 デニス・マクドナルドさんはトラックを運転していました。 その道中、轢かれてしまったしまったと思われる1匹の猫が、車の前方に横たわっているのに気付いたのです。

 「かわいそうだな・・・」 そう思いながらも、その横を通り過ぎたデニスさん。しかし、バックミラーに映る猫を見ていると不意に涙がこみ上げてきました。 そして、 「猫はまだ死んでいないのではないか」「このまま通り過ぎたら絶対に後悔する!!」 こんな気持ちが押し寄せてきたそうです。

 すぐさま来た道を引き返しました。果たして猫はどうなっていたのでしょうか?命や優しさなどについて考えさせられる感動エピソードの続きは、次のページで詳しくご紹介いたします。