【衝撃の真実】ステージ4のがんを克服したボクシング元世界王者、竹原慎二が私たちに教えてくれたこと












ステージ4の膀胱がんを克服したボクシング元世界王者の竹原慎二さんが、テレビ番組である衝撃的な告白をし話題となっています。

竹原さんといえば、1995年に日本人で初めてボクシングのWBA世界ミドル級チャンピオンになり東洋人として46年ぶり2人目のミドル級チャンピオンとなったことで有名ですが、TBSテレビのバラエティ番組「ガチンコ!」のメイン企画である「ファイトクラブ」ではコーチとして参加し、不良の若者をボクシングを通じて更生させ、プロボクサーに育てあげてきたことも記憶に新しいところです。

そんな竹原さんが「あるある議事堂週刊誌に負けるな!今田耕司が芸能人の整形・自宅の値段・大手術の真相全部話させますSP」に出演し、膀胱がんが発覚した当時を振り返り、「医者を信用し過ぎて死にかけた」と告白しました。

詳細は次のページからご紹介します!