【観覧注意】元暴力団組長が死刑執行される直前に残した手紙の内容が怖すぎる・・・












これまで暴力団による暴力団同士の争いや内部抗争が行われ数多くの逮捕者を出してきました。その逮捕者の中には、死刑囚となられてしまった方もいます。

死刑囚となられてしまった暴力団員の1人「暴力団の組長だった男性の死刑執行前に残した1通の手紙」に残された内容が衝撃的過ぎて恐怖に震え上がる内容となっております。

死刑囚となった暴力団の残した恐怖の手紙の内容とは…

その衝撃的な内容は、男性の自己紹介から始まります。

私、矢野治は、ヤクザ渡世の親として、住吉会の本部長にまで昇格した幸平一家のある幹部(故人)に師事し、崇拝しておりました。
矢野さんは、その親分の元で働いていた龍 一成さんと出会います。
矢野さんは、龍さんと親しくなりお金を貸すようになりました、龍さんの借金は多い時には、1億円以上もの金額になりましたが、少しずつ龍さんは、矢野さんに返済をしていました。しかし、98年頃から返済が滞る様になり、残り8600万の借金返済の為に龍さんは、矢野さんに提案を出してきました。

会社の資産を受け継いで、不動産業を営む男性、桑野大樹社長(仮名)を攫って脅し権利関係書類を奪い殺害し、矢野さんへの借金8600万円を2億にし返済するという恐ろしい内容の提案でした。その計画を実行する為に矢野さんの若い衆2人程貸してほしいというのです。

違う形で実行されてしまった恐怖の計画

ターゲットとなっている男性桑野さんは、住吉会の大幹部にも挨拶に行くほど、住吉組の方とは親しかったそうです。そこで矢野さんは、親分に龍さんの計画を相談しました。しかし、親分は「とんでもない話だ。絶対、桑野を殺(や)らせるな」と言われたので、矢野さんは龍さんの計画に反対したそうです。
ですが、龍さんは「もう俺にはこの手段しか残されていないんだ」と矢野さんの説得に耳を貸そうともしません。そこで矢野さんは、幸平一家のある組長に頼んで、龍の監禁場所としてその組事務所を使わせてもらうことにしました。

矢野さんは、龍さんに「おまえの仕事を手伝う人間が待っている」と言い、龍さんを東京都・要町にある監禁場所に連れて行き、むごい事に龍さんをあらかじめ用意してあった檻の中に閉じ込めたのです。