【観覧注意】元暴力団組長が死刑執行される直前に残した手紙の内容が怖すぎる・・・












日本に数多く存在する暴力団。暴力団と言えば、この間まで世間を騒がしていた事件「指定暴力団・山口組と神戸山口組による、分裂抗戦」が皆さまの記憶には、まだ新しく残っているかと思います。
3月5日には、水戸市に所在を置いている事務所にトラックを駐車していた所、山口組弘道会系の組員がトラックで衝突し、同月6日には、1階の窓ガラス等に銃弾5発が撃ち込まれたのが発見され、茨城県水戸署が警戒を強めるなど、水戸市民は、不安と恐怖にかられました。

今回ご紹介させて頂きますのは、死刑囚になった暴力団員が残した背筋が凍りつくような恐ろしい手紙の内容です。

「恐怖の手紙の内容」を次のページでご紹介いたしますが、余りの怖い内容に観覧には、気を付けて下さい。