【衝撃と感動!】5日間の出張から帰ると・・・部屋で死んでいた!?その後の彼は・・・







「生と死は隣り合わせ」とよく言われます。人は常に「死」と共に生きているのかもしれません。それは自分に関わるのはもちろん、自分の周りでも常に起こっていることです。

近しい人が亡くなるという事実は、時に受け入れ難いものです。 

「近親者」ではなく「近しい人」としたのは、親族でなくても、自分との関わりが深ければ、その死に大きな影響を受けるものだから・・・。

その人との関係が深い程、その死を受け入れ、気持ちを落ち着かせていくのは時間が掛かるものです。 

もしかすると、「死ぬこと」よりも「残されること」の方が辛いのではないか?とさえ思うほど・・・かもしれません。

自分に最も近しい人・・・父親や母親、そして・・・夫や妻・・・。 

愛する人を失う辛さ、そしてその後も生きていかなければならない現実。 

忘れたくないと思う気持ちと、前を向かなくてはならないという気持ちとの交錯・・・。

ある1つの物語があります。 

次のページでご紹介します。