【姉が倒れた理由】進行性の乳がんが末期まで進行している可能性が高い小林麻央(33)→現在の姿がヤバい・・・【絶望事実】







 週刊誌によって、「進行性のがん」であることが明らかになった市川海老蔵氏の妻である小林麻央氏(33)。それを受けて6月9日、夫の海老蔵氏が緊急の記者会見を開いた。

 その会見によれば、小林氏は進行性の「乳がん」であるとされ、1年8ヶ月以上前に発覚していたという。そしてそのことから、絶望的な事実が明らかになったという。

 姉の小林麻耶氏も、『バイキング』の生放送中に緊急搬送され、体調不良によって芸能活動を休止しているが、その原因もこの絶望事実にあったのかもしれない。詳細は次のページにてご紹介する。