【大論争】ゴリラのエリアに転落して引きずり回された男の子を救うため、絶滅危惧種のゴリラを射殺!これって正しい?【動画あり】







 2016年5月28日、一頭のゴリラが17歳で天国へと旅立った。死因は人間によって射殺されたためである。そしてこの射殺にはある深い訳があり、このゴリラの射殺を巡って賛否両論の大論争が巻き起こっている。

 実はこのゴリラが暮らしている動物園のエリアに、誤って男の子が転落してしまった。そして射殺されたゴリラは転落した男の子を引きずり回すなどの行為に及んだため、苦渋の決断の末にゴリラを射殺することにしたのだという。

 次のページでその時の一部始終が撮影された動画など、詳細な情報をご紹介する。果たして今回の射殺という選択、あなたはどう思っただろうか?